ホーム>史上最強の哲学入門
『史上最強の哲学入門』
SUN MAGAZINE MOOK
定価1,500円(税込)Amazonで購入
ご購入について
最高の真理を求めた男たちの熱き闘い!
難しそうな学問を、噛み砕いた言葉で、ひたすらわかりやすく解説した本(『哲学的な何か』シリーズ)が大好評の、飲茶氏による書き下ろし哲学ガイド。
カバーイラストに、『グラップラー刃牙』シリーズで絶大な人気を誇る板垣恵介氏を起用し、「真理」「国家」「神」「存在」といった、哲学の永遠のテーマを、哲学者=知の格闘家たちが、熱く激しい議論を繰り広げた物語として読む。
図解や写真を多用し、「哲学」ってどんなものか知ってみたい人、今まで、「哲学」に何度も挫折してきた人も、これでハマる哲学入門の決定版。
史上最強の哲学入門

●目次

第1ラウンド
真理の『真理』―― 絶対的な真理なんてホントウにあるの?
プロタゴラス ソクラテス デカルト ヒューム カント ヘーゲル キルケゴール サルトル レヴィ=ストロース デューイ デリダ レヴィナス

第2ラウンド
国家の『真理』―― 僕たちはなんで働かなきゃいけないの?
プラトン アリストテレス ホッブス ルソー アダム・スミス マルクス  

第3ラウンド
神様の『真理』―― 神は死んだってどういうこと?
エピクロス イエス・キリスト アウグスティヌス トマス・アクィナス ニーチェ  

第4ラウンド
存在の『真理』―― 存在するってどういうこと?
ヘラクレイトス パルメニデス デモクリトス ニュートン バークリー フッサール ハイデガー ソシュール

●著者紹介

飲茶(やむちゃ)
北国生まれ。東北大学大学院卒業。
哲学や科学など、とっつきにくい学問を楽しくわかりやすく解説した本が大好評。
元は普通のサラリーマンであったが、ある日、道を歩いているときに良いビジネスを思いつき、「そんなときどうする? 勝負だ、勝負するに決まってる!」と叫びながら、突然退社して起業。しかし、現実は甘くなく、現在、未曾有の不況に直面して苦戦中。明日はあるか?
著書に『哲学的な何か、あと科学とか』『哲学的な何か、あと数学とか』。熱烈なバキファン。
著者ブログ : http://blog.yamcha.jp/


(株)マガジン・マガジン  〒160-0007  東京都新宿区荒木町13-6  Tel : 03-3359-5885(営業部)